urakatahero”B”log

【目標:1000記事連続更新】

MENU

【メダカ】梅雨の屋外飼育ならビニール温室を使うと針子も安心して育つ

大雨の中でもビクともしていないビニール温室の様子がわかる写真

雨風から中のものを守るビニール温室

 

まえおき

梅雨などの雨季は頻繁に雨が降って嫌ですね。

10代の頃は『俺、雨好きなんだよね…ふっ』とか独り言ちながら、傘もささずにかっこつけてましたが、もうここ数年は雨がめんどくさいったらないです。

私は頭痛持ちなので、雨が降る前の気圧にやられるし…。

さて、屋外のメダカ飼育で困るのは、溢水ではなくて【雨が水槽に入る事】です。

この記事では、雨が水槽に入るデメリットビニール温室についてを記述していきます。お付き合いの程よろしくお願いします。

雨が水槽に入るデメリット

大粒の雨によって水面にクラウンが出来ている様子

水面を叩き続ける大粒の雨

飼育している地域にもよりますが、雨水は雲から水槽に入るまでに大気中の塵や埃、排気ガス等によって汚れていきます。二酸化硫黄や窒素酸化物などの酸性物質が雨に溶け込むと酸性雨になります。もちろん、水槽は酸性に傾き、PHが変わります。

あるいは、例えば、埼玉県では2020年に黒い雨が降りました。

現在、市内より「黒い雨が降っている」「道路が真っ黒」「車が真っ黒」との通報が相次いでおります。
情報によると、蓮田市だけでなく、近隣の市町でも同様の事象が起こっており、いたずらの類ではないということが判っております。

引用元:【魚拓】蓮田市/現在市内で降っている雨について

原因は定かでは無いものの、この雨の数時間前に千葉県野田市の廃プラスチック工場で大規模火災が発生し、その煙から出た煤(すす)が雨と混ざってしまったらしいとの見解が多いです。黒い雨の詳細はわかりませんが、よくわからない物質が水槽に入っては困りますよね。

オーバーフローは意味がない

雨天時にオーバーフロー構造で溢水被害から守る

溢水防止の排水管は強力に吸い込む

実際には、オーバーフローは溢水予防には強力です。但し、あくまでもメダカなどの生体を外に飛び出させないためですので、結局のところは、オーバーフロー装置というの入った水を一定の部位から溢れさせているだけですので、水質や水温の急激な変化というのを防げません。

そもそも、通常の換水では1/3程などと、気を使っているのに…(以下略)。

これらの事から、雨対策としてはオーバーフロー自体には意味がありません

オーバーフローの利点は水替えの便利さと溢水予防、濾過層への接続です。

雑巾やタオルを掛けて毛細管現象を利用したサイフォンの原理を使用するよりも、そもそもの防水を行った方が効果的です。

予防としてオーバーフロー穴を作る場合の注意点としては、水が外に出る力(穴が吸い込む力)が強くて生体が吸い込まれますので防護柵が必要です。

100均商品で簡単にDIYする方法は以下の記事を参照してください。

 あるいは、一時的に取り外しの出来る屋根のアイデアは以下の記事を参照してください。

ビニール温室について

大雨の中でもビクともしていないビニール温室の様子がわかる写真

雨風から中のものを守るビニール温室

ビニール温室とは、ビニールや木枠などで作られた小型から大型までの温室で、植物を寒さや雨風から守るものです。ビニール温室には、どんな効果やメリットがあるのでしょうか?また、どんな注意点があるのでしょうか?

ビニール温室の効果とメリット

ビニール温室の最大の効果は、保温効果です。ビニール温室を使うと、外の冷気を遮断することができ、暖かな空気を内部にとどめておくことができます。また、植物に霜が降りたり、冷たい風を防ぐことも可能です。

これにより、冬場でも”それなりに”植物を育てることができます。

”それなりに”の理由としては、あくまでもビニール1枚程度の断冷効果しかないからです。冬季にそのまま熱帯植物を外に出すよりは良いが、あくまでもそれだけの事です。

ビニール温室のメリットは、その手軽さです。ビニールハウスなどが設置できるスペースがない人も、小型のラインナップが充実しているビニール温室であれば、設置場所に悩む必要がありません。特に室内やベランダなどの小スペースにはビニール温室がだんぜん有利です。ビニールハウスほどではないけれども、大人が数歩ほど歩けるほどの大型の物もあります。

また、ビニール温室はガラス温室やビニールハウスなどに比べ、価格も圧倒的に安価なのが大きなメリットです。数千円〜1万円程度で購入できるので、金銭的にも余裕が生まれますね。

ビニール温室の注意点

ビニール温室の注意点としては、効果を過大評価しすぎてはいけないという点です。

ビニール温室を用いることで保温効果を得られるのは間違い無いですが、日があまり当たらない時間が長いと温度変化は緩やかなものの、内部の温度は外気気温はほぼ同じになってしまいます。

メダカの飼育をする場合は、適度に空気の入れ替えをしないと結露だらけになり、放置すればカビが生えたりするので気をつけましょう。

暑い日は特に要注意

日光が長時間当たりすぎる場合は、内部の温度が想像以上に高温となることもあります。さらに、湿度の調整も難しいというデメリットもあります。温度調節が難しいとはいえ、雨風から大切な植物を守ってくれるありがたさは変わらないですよね。

メダカの飼育の場合は、水の蒸発もありますので、更に気を付けないといけません。具体的には、晴れる日は午前中に開口しておき冷え込む夜に窓を閉めたり、すだれをかけて直射日光を遮断するなどです。

1年を通して使うためには、ビニール温室の設置する位置を適切に決める必要があります。

武田コーポレーション ビニール温室棚 2段

Amazon

楽天市場
ヨドバシ
この記事で使用しているのケーヨーD2の物ですが、現在は廃盤となっておりますが、武田コーポレーションのこちらのビニール温室は、同等かそれ以上の物と見受けられます。

ビニール温室を製作した動画

youtu.be

動画の補足
  • 動画で使用している商品は、中古ショップで購入したD2ブランドのビニールハウスですが、この商品が現在販売されているのか確認ができません。とはいえ、おおむね似たような構造の商品が多いです。
  • 棚型ですが、棚を留めるのは4本のボルトのみですので、NVBOX#13を2台を上部に設置するはやや不安があり、ダイソーのグレーBOXを2台設置しています。
  • ロール状の開口窓はエサやりに邪魔なので、更に上部の棚にS字フックを付け、S字フックに縛って留めています。

まとめ

  • オーバーフロー構造は溢水防止につかえるが、水温水質の管理には不要
  • 雨が入らないようにする事でより安全に水棲生物(メダカなど)を屋外飼育できる
  • ビニール温室は便利だけれど注意も必要(高温対策/湿気対策/etc)

こちらの記事もオススメです

発泡スチロールを飼育容器にするけど、川砂利と赤玉土を底床にして透明な水でメダカを飼育します。 - urakatahero”B”log

メダカを飼ってるバケツが干上がりそうでヤバい!…だけれどもすぐに水を足してはいけない理由-屋外メダカ飼育の為の足し水の極意- - urakatahero”B”log

1万匹のメダカを飼育するのは屋内が良い?屋外が良い?そもそも何坪必要なの?~メダカ飼育で重宝されているNVBOX#13は1台あたり底面積1248.45 cm2ですから~ - urakatahero”B”log





{please follow me}
Twitter=X Instagram youtubeThreads楽天Room
お問合せ免責事項