urakatahero“B”log

【日刊情報系体験型雑記】

\人気のカテゴリはこちら/
[#メダカ] [#シャグ] [#ブログノウハウ]
[#ジャイロX] [#DIY] [#麻婆豆腐]
[#旅行記]

アクセスカウンター アクセスカウンター


南部鉄器製ジンギスカン鍋の取り扱い方法(鋳物共通のシーズニングと洗い方)


記事本文軽量化の為
はてなスターやコメントは、
このエントリーをはてなブックマークに追加からお願いします🙇‍♂

PVアクセスランキング にほんブログ村

ジンギスカン鍋を被る間違った使用方法の筆者の写真を背景にしたタイトル画像(専属カメラマン撮影)

『間違った使用方法の例』

 

あらすじ

南部鉄器製のジンギスカン鍋を手に入れた筆者*1

ジンギスカン鍋に限らず鋳物(スキレットや鉄板等)を一生の相棒にする為には最初のシーズニング(油慣らし)と使用後の手入れが肝心です。

では、そのやり方とは?

筆者の南部鉄器製ジンギスカン鍋について

美しい溝が彫られた新品状態の南部鉄器製ジンギスカン鍋(千葉金物店)の写真(筆者撮影・筆者私物)

開封直後のジンギスカン鍋

筆者が手中に収めた南部鉄器製ジンギスカン鍋は、遠野市の”遠野鍋屋 千葉金物店”に”じんぎすかんあんべ”が発注した南部鉄器製ジンギスカン鍋のようです。

深く美しい溝が特徴で、中央に”牛脂”を乗せる為の凹みがあります。

南部鉄器に限らず鋳物(いもの)には、細かな穴状の凹凸があり、使用前の下準備をしっかりと行う”油慣らし(シーズニング)”を行うことで、長く使える相棒として育っていきます。

基本的な注意事項

  • 南部鉄器は重量があり重いので持ち運びに注意
  • 落としたり投げたりすると割れる事があります
  • 水分が残っていると錆びるので、空焚きをして水分を飛ばすこと

※ジンギスカン鍋には穴のある物とない物があります。

穴空きジンギスカン鍋には、鍋に細いスリット状の穴が空いており、七輪での炭火焼きなどの場合に使うと、穴からでた火がお肉に直接当たり、炭火焼きならではの風味を楽しめます。

一方で、穴無しジンギスカン鍋は、ガスコンロやジンギスカンバケツなどでの使用に適しており、お肉から流れ出た脂が野菜の旨みを引き出すなど、まさに”鍋”としてより美味しく食べる事ができます。

1.まずは鋳物の洗浄

筆者がお湯を使用して鍋を洗っている様子(筆者撮影)

お湯で流します

お湯を使用して表面の汚れを流します。

この後に火にかけるので、水ではなくてお湯の方が効率的ですし、工業油を落とす意味もあるのでお湯です。

なお、洗剤は使わずにお湯だけで流します。

洗い終わったらキッチンペーパーなどを使用して出来るだけ水分を拭き取ります。

2.鍋で湯を沸かす

コンロで熱した南部鉄器製ジンギスカン鍋にお湯をかけている様子(筆者撮影)

コンロで熱しながらお湯をかける

空焚きをしている南部鉄器の山頂からポットの熱いお湯を流しかけます。

この工程は省いてもよさそうですが、一応やってみました。

ジンギスカン鍋の下部にお湯を溜め、沸騰しているお湯をスプーンですくって山頂にかけ戻します。

何度かやったら鍋掴みで両端を持ってお湯を捨てますが、鍋がとても熱くなっているので数秒で終わらせる必要があるのですが、なによりも大事なのは”安全”ですので、安全性に自信の持てない方は冷えるのを待ったほうが良いです。

溝などに水滴が残りますが、残った水分は空焚きをして飛ばします。

3.油を塗り込む

南部鉄器製ジンギスカン鍋に綿棒を使用して油を塗っている様子(筆者撮影)

油を塗り込みます

油引きなどがあれば油引きを使用しますが、私の油引きは酸化してしまっていたので、油に浸したキッチンペーパーを菜箸で持ってまんべんなく塗り込みました。

溝部分は念のため綿棒で丁寧に油を塗り込みましたが、そこまでする必要もないかな?と思います。単なる愛ですよ愛。

なお、油について調べてみると乾性油と不乾性油の二種類が存在し、一見良さそうに思えるオリーブオイルは不乾性油なので、このような鋳物の保護用途には不適切とされ、乾性油のアマニ油(amazon)グレープシードオイル(amazon)が適切との事です。

私はというと、予算に余裕がない為、サラダ油を使用しました。

4.いらない野菜を炒める

不要な野菜を炒める事で余分な油や不要な成分を吸着させている様子(筆者撮影)

もったいない気もします

いわゆる”野菜くず”を使用して、油慣らしの仕上げを行います。

鉄板に野菜が焦げ付かない状態であれば完成となります。

私は賞味期限が切れたキャベツを焼きましたが、フライパンでは嗅いだことのないすごく良い匂いがしました。甘いキャベツの香りがいきいきとした素材感を強く感じます。

『南部鉄器すげーな!』とは、食べてもいない私の率直な感想です。

食べても良いのでしょうけれど、この行程は鉄板に残った不要物質をキャベツに吸い取らせている状態ですので、残念ながら廃棄です。

キャベツを廃棄したら油慣らしは完成!

5.ジンギスカンを楽しむ

ジンギスカンを堪能している様子(筆者撮影)

フゥー!うますぎるぅ!

遠野名物”じんぎすかんあんべのバケツジンギスカン”でジンギスカンを堪能しました。

 

 

楽しく、激うまな時間はあっという間に過ぎ去り、残るは使用後のジンギスカン鍋。

使用後の南部鉄器製ジンギスカン鍋の状態(筆者撮影)

あんなに美しかったのに…

しかし、しっかりと油慣らしを行ったので、かなり綺麗になる予定です。

6.使用後の洗い方

セリアで販売されているメダカの産卵床を使用して鍋を洗っている様子(筆者撮影)

セリアのメダカの産卵床を使用

鋳物には洗剤を使用しての洗浄は推奨されていません。

洗浄の際には”シュロたわし”や”ささら”が推奨されていますが、手ごろな道具がなかったので、セリアのメダカの産卵床*2を使用しました。

セリアのメダカの産卵床はそもそもがナイロンたわしですし、丁度良く溝に入り込んで良かったです。

ヤケドしない程度の熱めのお湯で油を流しながら優しくこすり洗いをします。

7.頑固な部分は割り箸で落とす

ジンギスカン鍋に焦げ付いて炭化した野菜を割りばしでこすり落としている様子(筆者撮影)

割りばしでこするととれる

炭化してしまった野菜類も、お湯をかけながら割りばしで軽くつつくとポロっと落ちます。

これはささらを持っていない筆者が編み出した苦肉の策ですが、これをより手軽かつ正確に行うことができる”ささら”が欲しくなりました。

なお、かたくなに洗剤を使用しない理由は、鋳物には凹凸があり、その凹凸に洗剤が入り込んでしまう事と、さび止めとしての油分も洗浄されてしまうからです。

ただ、この後にまた油を塗り込むので気にしなくても良いように思います。

いずれにしても鉄製品にとっては水分が大敵なので、貯まったお湯を流したらキッチンペーパーで拭きとります。

8.空焚きをする

空焚きをして余ったお湯洗い後のジンギスカン鍋の水分を飛ばしている様子(筆者撮影)

完全に水分を飛ばし切ります

ガンガン空焚きをして高熱で水分を飛ばします。

南部鉄器は黒いのでお湯洗い時に汚れ部分がほとんど見えなかったのですが、残っていた炭化状の何かを割りばしでまた小突きました。ポロポロとコゲが落ちていきます。

9.冷えたら油を塗り込みます

清掃を終えて空焚きを行った南部鉄器製ジンギスカン鍋が冷えたので油を塗っている様子(筆者撮影)

これで終了

少量のサラダ油を薄く全体的にまんべんなく塗り込んでいきます。

これは錆止めの役割を担いますので、初回同様に溝にも丁寧に塗り込んでいきます。

なお、裏面は塗りませんでした。

裏面に関しては、油を塗った場合と塗っていない場合の比較をしたいと考えたのと、次回使用時に引火したら嫌だなぁという気持ちから油を塗っていません。

あまりにも錆びてしまうようならペーパーがけをする予定です。

記事の締め

南部鉄器のジンギスカン鍋に牛脂を塗り込んでいる様子(筆者撮影)

鉄器はめんどくさいけどその価値がある

実際に南部鉄器を所持してわかる”めんどくささ”と”その実力”に驚きました。

炙り焼きばかりしている筆者だからわかる”鉄板のうまさ”を感じる事もあり、また、ホットプレートやフッ素コーティングのフライパンでは決して味わえない”南部鉄器の実力”に度肝を抜かれました。

ジンギスカン鍋はなにもラム肉だけの物ではありません。

牛肉も豚肉も、野菜だけでも異常に美味く仕上げてくれます。

取り扱いのめんどくささを気にしない程、本気でうまい炒め物を食べたいのなら”南部鉄器のジンギスカン鍋”がオススメです。

 

【こちらの記事も是非】

【iwatani 炙りや2】私が散々炙って試した結果、本当に美味しかったオススメの食材4選 - urakatahero”B”log

【iwatani炙りや2】BBQなら任せとけ!~セリアのBBQトレー・ねぎ塩ごはん・金龍のタレ~『おいおい最高かよ!』 - urakatahero”B”log

クセになる超激辛がすごい[焼肉冷麺やまなか家]のランチをオススメしたい! - urakatahero”B”log

コスパ高くてめっちゃ美味い!自宅で簡単なシロ(豚ホルモン)の串焼きがオススメ!【iwatani炙りや2】 - urakatahero”B”log


{please follow me}
Twitter=X Instagram youtubeThreads楽天Room
お問合せ免責事項
・レビュー依頼
・コラボ依頼
・メディアへの出稿
・その他
お問合せからお願いします。
内容によりますが、
基本的には3日以内にご返信しています。
各記事へのコメントなどは、
ブクマコメントにて承っています。