urakatahero“B”log

【日刊情報系体験型雑記】

\人気のカテゴリはこちら/
[#メダカ] [#シャグ] [#ブログノウハウ]
[#ジャイロX] [#DIY] [#麻婆豆腐]
[#旅行記]

アクセスカウンター アクセスカウンター


煌ラメ×紅帝(ラメ入り)の交配記録~青系の採卵~


記事本文軽量化の為
はてなスターやコメントは、
このエントリーをはてなブックマークに追加からお願いします🙇‍♂

筆者が赤いメダカから産まれた青いメダカの卵を採卵している様子

赤系から産まれた青いメダカ達の卵

 

あらすじ

自家製煌メダカ×紅帝メダカのF1個体の写真・綺麗な虹色のラメ鱗がラグジュアリー感を醸し出す。

煌x紅帝のF1(今回の親めだか)

一匹だけになってしまった煌ラメ(オス)の子孫を残したいと考えた筆者は、ラメの多く出ている紅帝のメスと掛け合わせをしました。*1

そこで生まれた雑種第1世代(F1)は黄金色のメダカでしたが、その黄金色のメダカから産まれて来た雑種第2世代(F2)はそれぞれが様々な色合いを持つ個性的なメダカでした。*2

色別で仕分けをしたのですが、時期を考えると過酷な状態になる事が予想されるため採卵を行いませんでしたが、過抱卵を避けるために産卵床を設置したら…

煌ラメ×紅帝(ラメの)F2が育ちました

筆者が飼育・ブリードを行っている改良メダカの写真

横見での撮影

筆者が飼育・ブリードを行っている改良メダカの写真(上から撮影)

上見での撮影

煌と紅帝のF1から産まれてきたメダカ達を色で分けて飼育していますが、総数は多くとも色別となるとそんなに数がはとれませんでしたので、悠々自適に快適に過ごしているようです。

別系統で飼育・ブリードをしている”サファイヤ×幹之”のF1個体かと悩んだのですが、記事を遡ってみてみると、はやり赤系の”煌ラメ×紅帝(ラメ)”のF1から産まれたF2でした。

どうやらオスメスが存在していたようですので、抱卵個体がを見つけてしまったので産卵床を設置したところ、卵がたくさんついており、針子育成をすることに決めました。

筆者が飼育・ブリードを行っている改良メダカの卵の写真

たまごがたくさんついている

寒い日が多くなってきているので、孵化するか心配ですが、ダメ元です。

どういうメダカが産まれるのか?

赤同士から産まれた青いF2から産まれるF3はどういう個体なのでしょうね?

赤いメダカが産まれる?それとも、青いF2にそっくりな青いメダカが産まれる?

私は、F1の渋い黄金色のメダカに似たメダカと、F2の青いメダカに似たメダカの半々になると予想しています。

全然違うのが出てきたら面白いですよね。

答えがわかるのは2-3か月先ですが、お楽しみに!

 

 


{please follow me}
Twitter=X Instagram youtubeThreads楽天Room
お問合せ免責事項
プレスリリースやレビュー依頼等もお問合せからお願いします。
レビュー用に商品を貸与してもらえるとありがたいですが、忖度しないのでご注意ください。